まだenremitやマネーグラムで海外送金手数料を無駄にしてる?

まだenremitやマネーグラムで海外送金手数料を無駄にしてる?

enremitは世界でも有名な海外送金業者のマネーグラム(MoneyGram)を介して海外送金できるサービスです。

 

UesternUnionと並んで有名な海外送金業者で、海外で出稼ぎしている外国人労働者が家族への仕送りをする時によく利用します。

 

しかし、送金側と受取り側に銀行口座があるのであれば、特別な理由がない限り高い海外送金手数料を支払うことになります。

 

ここでは、enremitで海外送金すると何故手数料が高くて無駄なのかをご紹介します。

 

エンレミットは送金から受け取りまでが圧倒的に早い

 

enremitの特徴は何かと言えば・・・

・送金側も受け取り側も銀行口座が無くても海外送金ができる

・営業時間内であれば10分以内に着金する

・時間の掛かる手続き無しに窓口へ行けばすぐ送金できる

 

非常に便利と言えば便利ですね。

 

私も今すぐに送金しないとどうしようもないという緊急性が高い時に1度だけ利用しましたが、送金手続きが終わった時には相手側に着金していました。

 

私が送金してから相手に伝えて、相手が受け取ったと連絡が来るまで30分も掛かっていませんでしたね。

 

ですので、緊急性が高い場合は本当に便利な海外送金サービスです。

 

enremitの海外送金手数料

 

エンレミットの送金手数料は国によって変わります。

 

送金する国 ベトナム
送金する金額 送金手数料
1円~50,000円 480円
50,001円~100,000円 780円
100,001円~250,000円 980円
250,001円~1,000,000円 1,960円

 

送金する国 中国(UnionPayカード向け)
送金する金額 送金手数料
1円~50,000円 480円
50,001円~5,000USD相当額 1,480円

 

●第一料金国

送金する国 フィリピン、ネパール、スリランカ、パキスタン
送金する金額 送金手数料
1円~10,000円 470円
10,001円~30,000円 720円
30,001円~50,000円 960円
50,001円~1,000,000円 1,380円

 

●第二料金国

送金する国 スペイン、オーストラリア、オーストリア、ボリビア、ブラジル、カンボジア、カナダ、中国、コロンビア、フランス、ドイツ、イタリア、ラオス、メキシコ、モンゴル、オランダ、ニュージーランド、ペルー、ルーマニア、ロシア 、トルコ、イギリス 、アメリカ、アフガニスタン、ルクセンブルク、香港、マカウ、シンガポール、インドネシア、タイ、インド、バングラデシュ、ミャンマー
送金する金額 送金手数料
1円~30,000円 860円
30,001円~50,000円 980円
50,001円~100,000円 1,380円
100,001円~1,000,000円 1,480円

 

●第三料金国

対象国 第一、第二料金国、地域以外の国
送金額 送金手数料
1円~30,000円 860円
30,001円~50,000円 1,380円
50,001円~100,000円 1,980円
100,001円~200,000円 2,480円
200,001円~300,000円 3,800円
300,001円~1,000,000円 5,800円

 

国にもよりますが、例えば日本からアメリカに50万円送金しても送金手数料は1480円です。

 

送金手数料だけ見ればかなり安いですね。

 

enremitは海外送金手数料が安くても為替レートが悪すぎる

例えば、enremitを利用して日本からアメリカに50万円送金した場合は手数料が1,480円ということは先にも書きました。

 

それなら合計で501,480円で済むのかと言えばそうではありません。

 

日本からアメリカに送金する場合は、まず日本円の50万円をアメリカドルに両替しないといけません。

 

そして、その両替する際の為替レートが良くないという話ですね。

 

例えば、2019年4月5日のレートを参考にするとこうなります。

・ヤフー為替レート 1$=111.75円(50万円=4474.27ドル)

・enremitのレート  1$=113.32円(50万円=4412.28ドル)

 

約1.57円分の為替手数料で61.99ドル(6,927円)を支払っているということになりますね。

 

合計すれば、海外送金手数料1,480円と為替手数料6,927円で8,407円です。

 

何度でも言いますが、銀行口座が無く、緊急性が高い場合以外はもったいないのでenremitの利用は止めておきましょう。

 

銀行口座を持っているならトランスファーワイズを利用するのが一番です。