Paypalでアメリカから日本に送金する手数料【高過ぎて泣ける】

Paypalでアメリカから日本に送金する手数料【高過ぎて泣ける】

 

日本の家族に仕送りがしたいので、手数料が安いと言われているPaypal(ペイパル)でアメリカから日本に送金しようと思います。

 

アメリカから日本への送金手数料が無料になるというサービスがあるので、アメリカから日本への海外送金にPaypal(ペイパル)を利用する人がいまだに多いですね。

 

ebayなどを利用した際に、日本からアメリカへの送金方法で同じくペイパルを指定している場合も多々あります。

 

しかし、結論から言えばペイパルは手数料無料どころか、かなりの損をしています。

 

ここでは、手数料無料のペイパル(Paypal)を使った海外送金がどうして高いのかについてチェックしてみましょう。

 

Paypalでアメリカから日本に送金する手数料

 

アメリカから日本に送金したい一般的なパターンとしては、下記が挙げられますね。

 

●留学や仕事でアメリカに住んでいたが帰国に際して日本に残金を送金したい

 

この場合、そこそこまとまった額になることが多いので、少しでも手数料が安い海外送金の方法として100万円以下なら一律499円(US$は4.99$)で送金できるペイパルを利用する人がいます。

 

しかし、海外送金に慣れていないと手数料だけを考えて、為替手数料(通貨換算手数料)をしっかりと考えていない人が少なくありませんね。

 

ペイパルの為替手数料はかなり高い

 

為替手数料というのは簡単に言えば「US$から日本円」に両替する手数料のことです。

 

Paypal(ペイパル)ではアメリカから日本への海外送金手数料は一律499円(US$は4.99$)とかなり安く設定されていますが、それに合わせてペイパルの送金には為替手数料が別途必要になります。

 

●2019.8.1時点のペイパル為替手数料

送金側が負担する場合 3.5%~4%
受け取り側が負担する場合 2.5%

 

例えば、アメリカから日本へ3,000ドルを送金する場合はこうなります。

※レートは2019.8.1のYahoo為替レート参照 1ドル=109.215 円

■送金金額:3,000ドル(327,645円)

・ペイパルの為替レート:105.409ドル

・送金手数料:4.99ドル

・日本円で受け取れる金額:315,703円

●送金に掛かる手数料合計:8,946円

 

送金手数料4.99ドルどころか、合計で約81.9ドルの手数料が取られていることになりますね。

 

主に東南アジアを周りながら海外に住んで6年以上になりますが、私の知人や友人でも、当たり前の様にペイパルの利用を推奨している人がいてびっくりするくらいです。

 

アメリカから日本へ送金する方法!手数料が安いトランスファーワイズ

 

ペイパルで米ドル建てで送金しても為替手数料が必要なのは同じ

 

ペイパルでの海外送金手数料を抑える方法として、米ドルから日本円にするのではなく、米ドルのまま日本で開設している米ドル口座へ送金することをお勧めしている場合もあります。

 

しかし、これは結論を先延ばしにしているだけであって、本当に手数料が安くなっている訳ではありません。

 

要は、米ドルのまま送金して、為替レートがよくなった時に銀行から引き出せば良いという考え方なのですが、為替レートがいつ良くなるのかは誰にも分かりませんし、もしかするとレートがもっと酷くなって被害が拡大する可能性もあります。

 

もし、レートが悪くなってしまった場合にはいつまでも引き出すことができない塩漬け資金となってしまいますので、資金に余裕の無い人にはあまりオススメできる手段ではありませんね。

 

買い物の支払いをペイパルでしても為替手数料が掛かっている

 

ebayや海外のオンラインショップを利用した場合にペイパルが支払い方法として選ばれる場合も良くありますが、そういった買い物にも全て為替手数料が掛かっています。

 

言ってしまえば、ペイパルを利用して支払いをする度に3.5%~4%の手数料が上乗せされていることと同じです。

 

30,000円の商品を購入して、為替手数料が約1,200円だったら海外のショッピングならそれくらい掛かってもおかしくないと考えてしまいます。

 

しかし、ペイパル以外の手段で銀行送金などを選べるのであればトランスファーワイズなどを利用した方が断然安いのでしっかりと検討した方が良いですね。

 

ただし、ペイパルは決済方法としては非常に便利なので、数百円や1,000円~2,000円程度なら誤差だから気にしないという人は何も考えずにペイパルを利用するのがオススメですね。

 

ペイパルの送金手数料は高い・まとめ

 

もう一度、結論を言えばアメリカから日本への海外送金にペイパル(Paypal)を利用するのは大損なので止めておきましょう。

 

ペイパルでわざわざ高い手数料を支払わなくても、資金移動業者のトランスファーワイズを利用すればもっと安く簡単に送金することが可能です。

 

2019.8.1時点の計算では、ペイパルでアメリカから日本へ3000ドル送金すると315,703円しか受取ることができませんが、トランスファーワイズであれば324,648円受取ることができますね。

 

トランスファーワイズの口座開設する方法・作らなきゃ損です