日本からニュージーランドの銀行へ送金する方法を比較【安全で安い】

日本からニュージーランドの銀行へ送金する方法を比較【安全で安い】

 

日本からニュージーランドの銀行へ送金する方法で安全で手数料が安い方法って何がありますか?

 

これから、ニュージーランドにワーホリ、長期留学、海外移住する人にとって、どうやって日本からニュージーランドに資金を持っていくかはかなり重要ですよね。

10万円ほどであれば日本から現金で持って行き現地で両替すれば良いです。

しかし、これが1年単位となると、常に大金を持って生活するのは嫌なので安全に日本から海外送金できる方法を確保しておかなければいけません。

ただ、海外で生活している人でも、普通に手数料が高い日本の大手銀行から現地の大手銀行に振り込んでいる人も少なくありませんので、ここでは、日本からニュージーランドに送金できるサービスについて比較してみました。

 

日本からニュージーランドの銀行へ送金する方法を比較

 

日本からニュージーランドに送金するのに使える銀行や送金業者は主に以下のサービスになります。

●Transferwise(トランスファーワイズ)

●楽天銀行

●Sony Bank

●新生銀行

●Paypal(ペイパル)

どの銀行やサービスも海外送金手数料が安いと評判で、それぞれ利用者が多いサービスです。

Paypalとトランスファーワイズは銀行ではなく、資金移動業者になりますね。

 

クレジットカードやデビットカードは補助としての手段

 

海外生活でクレジットカードでのキャッシングは手数料も安くとても便利に利用できますし、デビットカードやプリペイドカードは18歳未満でも所持できるので非常に助かります。

しかし、クレジットカードなどはあくまで日常生活の補助として利用するのには良いですが、まとまった送金をしたい時には不向きな方法となります。

海外送金の手段を確保しておけば、日本からニュージーランドに送金するだけでなく、その反対でニュージーランドから日本への送金も安く済ませる事ができますので、必ず現地で送金や受け取りが出来る手段を用意しておくのがオススメです。

 

海外送金に銀行を利用すると間違いなく損をしている

 

海外送金の手段を確保するのは大事なことですが、銀行を利用して海外送金するのはアウトです。

基本的に、資金移動業者などの海外送金の手数料には勝てません。

大手銀行を利用する人の中には「銀行じゃないと送金が不安」という人が少なくありません。

しかし、日本から海外送金ができる業者の多くは日本の金融庁から認可を得ている業者ですので何の心配もいりませんし、万が一でも「履行保障」が適用されるので大手銀行でも送金業者でも同じですね。

 

ニュージーランドへの送金に使える銀行や業者

 

それでは、先にご紹介した「楽天銀行」「Sony Bank」「新生銀行」「Paypal(ペイパル)」「Transferwise(トランスファーワイズ)」で送金にかかる手数料を比較してみましょう。

 2019.8.3時点
1NZD=69.6534円
送金手数料両替の為替レート30万円を送金して
受け取れる額
5位Paypal499円73.5294円4,073.21 NZD
(- 196.19 NZD)
4位楽天銀行1,750円71.42864,175.50 NZD
(- 93.90 NZD)
3位新生銀行2,000円71.4286円4,172.00 NZD
(- 97.40 NZD)
2位Sony Bank6,000円69.9301円4,204.20 NZD
(- 65.20 NZD)
1位トランスファーワイズ2,622円69.6534円4,269.40 NZD

 

海外送金で良く利用されているペイパルですが、トランスファーワイズと比較すれば196.19 NZD(約13,691円)も違うことにびっくりしますね。

これでも、海外送金手数料が100万円まで一律499円だと言うことで勘違いしてペイパルの利用を勧めている人も少なくありません。

ソニー銀行がかなり頑張っているのですが、ソニー銀行はオンラインバンクなのに海外送金は色々と確認事項に手間が掛かるのであまりおすすめできません

 

総合的に考えて、トランスファーワイズがダントツと言って間違いありませんね。

 

●トランスファーワイズはオンラインで5分もあれば口座開設ができる

●確認書類も全てオンラインでできる

●送金手数料がダントツで安く日本とニュージーランド双方で利用できる

 

 

トランスファーワイズの口座はニュージーランドで開設できる?

 

トランスファーワイズの口座はニュージーランドでも開設できますが、日本にいる間に開設しておいた方が何かと簡単ですね。

とりあえず、日本で口座を開設しておき、ニュージーランドに到着次第、現地でANZ BankやKiwibankなど口座維持手数料が掛からず、審査が通り易い銀行の口座を開設して利用するのが1番スムーズです。

現地の口座があれば日本からトランスファーワイズを利用して送金するだけなので、格安の手数料でまとまった額のNZドルを手に入れる事ができます。

日本からニュージーランドの海外送金にはマイナンバーが必要

 

2019年からは、海外送金の際はマイナンバーが無いと送金はできませんので注意しましょう。

少し前までは、一部例外という形で認められていましたが、現在は完全に無理です。

すでに、日本で住民票を抜いていて利用できない場合は、親族などにトランスファーワイズの口座を開設してもらって、そこから送って貰うのが1番簡単でしょう。