アメリカで銀行口座を開設するならボーダレス口座が便利・TransferWise

アメリカで銀行口座を開設するならボーダレス口座が便利・TransferWise

 

アメリカで生活を始めるのですが、日本からの送金やアメリカからの送金に便利で安い銀行口座は何がありますか?

 

アメリカは、日本からの旅行者、留学生、ワーホリでの渡航が多い国なので、アメリカでの生活資金を日本から送金したい人やアメリカでの収入を日本に送金するのに銀行口座が必要になりますね。

 

そこで、アメリカでの銀行口座のを開くのであれば、海外送金に必要な手数料がダントツで安く、お金の管理が簡単になるトランスファーワイズのボーダレス口座をご紹介しましょう。

 

アメリカで銀行口座を開設するならボーダレス口座が便利

 

トランスファーワイズのボーダレス口座を簡単に説明すれば、トランスファーワイズという海外送金を行っている資金移動業者の口座を保有することができるサービスです。

 

ボーダレス口座とはその名の通り、世界40カ国以上の通貨を保管することができる上に、必要な時にその国の通貨をミッドレート(Yahoo為替などのレート)で引き出す事ができます。

 

また、アメリカでは銀行口座として銀行コードも取得できるので、家族、友人からの送金を受け取る事もできますし、法人や顧客からの送金を受け取ることもできます。

 

もちろん、ワーホリで必要になる給料の振込口座や、留学資金の保管先としても使えますし、日本からの送金、アメリカから日本の送金も銀行の手数料より大幅に安くなります。

 

現地で窓口に行く銀行の手続きより簡単なので英語が不安な人でもとても便利ですね。

 

トランスファーワイズはアメリカにある銀行と何が違う?

 

アメリカではトランスファーワイズのボーダレス口座を銀行の口座と同じ意味で持つことができます。

 

しかし、ボーダレス口座には銀行口座には無いメリットとデメリットがありますので、そちらもチェックしておきましょう。

 

トランスファーワイズのボーダレス口座のデメリット

 

トランスファーワイズのボーダレス口座もいくつかのデメリットがあるのでチェックしてみましょう。

 

●銀行ではないので利息ははつかないし、ローンなども出来ない。

●銀行口座ではないので、公的な証明に利用できるか分からない。

●デビットカードが公式で発行されるマスターカードしか使えない。

●クレジットヒストリーにはならないので、信用を高める目的では使えない。

 

長期滞在して一般の銀行口座を開けるのであれば、日本からの送金受取り口座としてボーダレス口座を作れば良いですね。

 

とは言っても、1年~2年程度の滞在であれば利息を気にするほど預ける人もいないでしょう。

 

トランスファーワイズのボーダレス口座のメリット

 

次はボーダレス口座のメリットについてチェックしてみましょう。

 

●海外送金の送金や受取りに関する手数料が大幅に安くできる。

●無料で口座が開設できる上に、帰国の際にも口座を閉じるなど面倒なことをしなくて良い。

●オーストラリア、イギリス、アメリカ、ニュージーランド、ヨーロッパ圏のどこかで開設すればそれらの国のどこでも利用できる。

●長期滞在でも海外旅行でも、自分の口座内で両替して、自分の口座から現地ATMで引き出すだけなのでお金の管理が楽になる

 

特に、海外送金の手数料は本当にかなり安くなるので、一度使うと「銀行の方が信用生が高いから・・・」などはどうでもよくなりますね。

 

トランスファーワイズも楽天やLINEと同じ認可を受けている送金業者ですので、安全性には問題ありません。

 

トランスファーワイズのボーダレス口座の開設方法

 

アメリカでボーダレス口座を開設する場合は「SNS(社会保障番号)」、または「パスポート」での審査となります。

 

アメリカの場合はボーダレス口座にどの通貨を入金するかによって対応が変わりますが、USDで入金する場合は住所確認も必要ありませんので、「SNS(社会保障番号)」か「パスポート」のどちらかで審査に通ればボーダレス口座を開設することができます。

 

日本に帰国してもボーダレス口座は利用できる?

 

アメリカで開設したボーダレス口座は、日本でも普通に利用できますが、あくまでアメリカから他国へ送金する場合に使えます。

 

しかし、アメリカのボーダレス口座にUSDの資金を残していた場合に、そのお金を日本に送金する際は、ボーダレス口座から送金するよりもアメリカの銀行口座から通常のトランスファーワイズの送金サービスを利用した方が手数料が安くなるので注意しましょう。

 

ですので、ボーダレス口座は維持費が無料なので口座は保持しておいたとしても、戻る予定が無いのであれば、日本に帰国する際は資金は全て持ち帰るか、アメリカの銀行口座か通常のトランスファーワイズを利用して日本に送金した方が良いですね。

 

どちらにしても、日本からアメリカへの送金に日本のトランスファーワイズ口座が必要になりますので、送金する前に口座を開設しておきましょう。