オーストラリアで銀行の口座を開設するならトランスファーワイズがおすすめ

オーストラリアで銀行の口座を開設するならトランスファーワイズがおすすめ

 

ワーホリや留学でオーストラリアへ行くのにお金の持って行き方や現地でのお金の保管方法で簡単で便利な方法はありますか?

 

長期で海外へ行く場合にはやはりお金をどうするかが一つの心配事になりますね。

 

そこで、オーストラリアでのお金の問題を簡単に解決出来て、日本からの送金を受け取ったり、オーストラリアで得た収入を格安で日本に送金できるトランスファーワイズのボーダレス口座をご紹介します。

 

トランスファーワイズのボーダレス口座ってなに?

 

トランスファーワイズのボーダレス口座を簡単に説明すれば、トランスファーワイズという海外送金を行っている資金移動業者の口座を保有することができるサービスです。

 

ボーダレス口座とはその名の通り、世界40カ国以上の通貨を保管することができる上に、必要な時にその国の通貨をミッドレート(Yahoo為替などのレート)で引き出す事ができます。

 

また、オーストラリアでは銀行口座として銀行コードも取得できるので、家族、友人からの送金を受け取る事もできますし、法人や顧客からの送金を受け取ることもできます。

 

もちろん、ワーホリで必要になる給料の振込口座や、留学資金の保管先としても使えますし、日本からの送金、オーストラリアから日本の送金も銀行の手数料より大幅に安くなります。

 

現地で窓口に行く銀行の手続きより簡単なので英語が不安な人でもとても便利ですね。

 

トランスファーワイズはオーストラリアにある銀行と何が違う?

 

オーストラリアではトランスファーワイズのボーダレス口座を銀行の口座と同じ意味で持つことができます。

 

しかし、ボーダレス口座には銀行口座には無いメリットとデメリットがありますので、そちらもチェックしておきましょう。

 

ボーダレス口座のデメリット

 

まず、ボーダレス口座のデメリットは以下のようになります。

 

●あくまで海外送金業者ですので銀行口座ではなく、あくまで保管しているだけの口座なので預けていても利子はつかない

●VISAの取得などで残高証明が必要な場合に公的な証明に可能性がある

●トランスファーワイズ公式のデビットカードしか利用できない

●トランスファーワイズ公式のデビットカードではクレジットヒストリーにならない可能性がある。

 

ボーダレス口座はあくまで日本や外国からの送金を受け取ったり、旅行先で他国の通貨を安く引き出すために持つ口座と考えれば良いですね。

 

ボーダレス口座のメリット

 

ボーダレス口座を持つメリットは以下のようになります。

 

●日本からオーストラリア、オーストラリアから日本などの海外送金がダントツで安くなる

●オーストラリアへのワーホリや留学など1年~2年程度の滞在に口座が必要な時に、無料で口座を作ることができて、帰国時も口座を解約するなどしなくても良い。

●オーストラリア、イギリス、アメリカ、ニュージーランド、ヨーロッパ圏であれば、どこでも銀行口座として同じ口座が使える。

●長期滞在でも、自分の口座から現地ATMで引き出すだけなのでお金の管理が楽

●口座の開設は無料で口座維持費や最低預金設定が無い

 

要は、オーストラリアでワーホリをして、次にニュージーランド、イギリス、アメリカに移動しても、そのままボーダレス口座が利用できるので、いちいちその国で銀行口座を開設する必要も無くなってしまいますね。

 

一般的な例ではありませんが、一度オーストラリアでボーダレス口座を開設してしまえば、外国人相手に商品を販売した時にその代金の振込口座として使えたりもします。

 

トランスファーワイズのボーダレス口座の開設方法

 

オーストラリアでトランスファーワイズのボーダレス口座を開設するのは簡単です。

 

1.トランスファーワイズ公式でアカウントを作る

2.ボーダレス口座登録で住所登録

※住所は本人名で送付されるトランスファーワイズからの郵便物を受け取ることができれば、シェアハウスでも構わない。

3.パスポートの顔写真がついたページの画像をオンラインでアップロード

4.トランスファーワイズからの郵便物を受取り、アクティベートする

 

解説方法は、本人確認書類がパスポートになるだけで、日本で口座開設して、郵便物を受け取りアクティベーションするのと流れは同じです。

 

ただし、日本ではボーダレス口座はまだ利用できないので、日本からオーストラリアのボーダレス口座に送金したい場合は、日本でトランスファーワイズの口座を開設して、オーストラリアのボーダレス口座に送金すると手数料が格安になって良いですね。